婚約指輪について

婚約指輪は男性から女性に贈られるもので、プロポーズをしたときに渡したり、またその後二人で購入したりします。
しかし本来の婚約指輪の始まりは古代エジプトから始ったものだと言われています。
その時代には太陽や月をかたどった円形のリングで、これはその当時の信仰とも深く関係があり、永久にということを表わしているとのこと。

つまり永遠の愛の誓いという意味だったようです。
しかし一般の庶民は鉄などのリングではなく草を編んでリングを作ったということも言われています。
ただどの時代もどんな身分の人も共通しているのは指にはめるリングということです。
円(リング)はどこまでいっても切れ目がなく永遠という意味で、たとえ金属のリングでも草を編んだリングでもその意味は同じで、気持ちには変わらないものだったはずです。

また指輪を左の薬指にはめるのも実は意味がありました。
この時代、10本の指にはすべて意味がありました。
特に左の薬指は永遠の誓いという意味や、精神的な結びつきなどの意味があったのです。
左の薬指は心臓と直結する指ということで心を表わしていたのです。

日本では50年ほど前から、婚約指輪を贈るという習慣になってきたと言われています。
昔は給料の3分の1程度と言われていましたが、最近は一般の人では約20万~40万円程度となっています。
最近は給料との関係はないと言われています。

しかしお金がない若い時代給料が安く婚約指輪を購入することができず、イミテーションの数千円程度の婚約指輪にしたカップルが、20年後素晴しいダイヤの指輪を奥さまに贈ったという話しもあります。
つまり婚約指輪は心が大切なのです。



[特選サイト]
価格やデザインから選んで婚約指輪を購入できるジュエリーショップです >>> 婚約指輪 価格

Copyright © 2014 婚約指輪を作る時のポイント All Rights Reserved.